購入する

海外のバイアグラやジェネリック医薬品を購入する場合には、個人輸入や個人輸入代行というサービスがあります。
通常のネット通販のような感覚で購入することが出来ます。

ショッピングサイトにて、注文したい商品を検索します。医薬品のカテゴリ、効果、名称などから検索することが出来ます。
ほしい商品があれば、購入手続きを行います。商品の詳細ページにて、注文を確定します。

商品を購入する際に、お届け先、連絡先、支払い方法などの情報を入力します。
基本的に通販サイトは会員登録が必要です。ただ、会員登録は無料で行なうことが出来る場合がほとんどです。また、会員登録を行なっていれば、次回以降の買い物で個人情報を入力する手間が省けます。

必要な情報を入力すれば、注文商品の確認をして、間違いがなければ注文を確定します。
注文を確定すれば、ショップから注文確認メールが届きます。
あとは、手元に届くことを待つだけです。

どのような通販サイトでも、一連の流れは同じです。
個人輸入代行というと、難しい購入方法と先入観を持っている人も居ますが、一般的な通販と変わりません。

住んでいる地域や発送先によっても自宅に届くまでの期間は違いますが、2週間以内には手元に届くケースが多いです。

ジェネリック

ジェネリック医薬品というのは、別名「後発医薬品」です。
一般的な医薬品は「先発医薬品」といわれています。

医薬品というのは、開発されるまでに長い時間と高い研究費用が必要です。
何度も臨床実験が行われ、安全性、効果、副作用が確認されたことで販売されます。
医薬品を販売するには特許が必要です。特許を取得した場合には、他の製薬会社が販売することは出来ません。
ただ、特許期間が切れると他の製薬会社が販売することが出来るように含まれている成分や製造方法が公開されます。
ジェネリック医薬品は、開発までの時間も費用もかかりませんので、安価で販売することが可能です。

バイアグラのジェネリック医薬品は、すでに販売されているのですが、日本ではまだ特許が切れていないので販売されていません。
しかし、海外ではすでに販売されています。
基本的に海外の医薬品は安価で販売されています。さらにジェネリック医薬品ということになると安価に手に入れることができます。

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と名前が違いますし、知名度も低いです。
しかし、ジェネリック医薬品でも先発医薬品でも含まれている成分はほとんど変わりません。そのため、現れてくる効果もほとんどかわりません。

個人輸入

個人輸入とは、個人で海外製品を購入することです。
日本から海外旅行をして、海外製品のおみやげを持ち帰ることも個人輸入となります。
個人輸入をする場合には、輸入の手続きを行わなくてはなりません。その際、厚生労働大臣の許可が必要となります。
ただ、バイアグラのような医薬品を個人輸入する場合には、厚生労働大臣の許可は必要ありません。

日本で、医薬品を入手するためには医師の診察を受け、処方箋がなければ手に入れることができません。
しかし、海外製品を輸入するという場合には、処方箋が必要ありません。

個人輸入出来るインターネットショッピングサイトが多数ありますが、個人輸入代行サービスを行なっているショッピングサイトもあります。
個人輸入代行ということであれば、個人輸入をするための手続きを代わりに行なってくれます。

個人輸入や個人輸入代行というのは、自分が医薬品をしようするためだけ利用することが出来ます。そのため、第三者へ譲渡することは禁止されています。

海外の製品は、日本で販売している製品よりも安いので人気があります。
ただ、安いからという理由だけで購入するのではなく、効果や効能をしっかりと把握した上で購入するようにしましょう。

カレンダー

2014年9月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930